クリニックにおける発毛治療とはどのようなものか?

subpage1

発毛治療とは、止まらない髪の抜け毛や地肌が透けて見えるほどの薄毛を改善し、再び頭皮に髪が生えるように体内環境や頭皮の状態を整えていく治療のこと。従来の自己ケアでは育毛シャンプーや発毛剤の塗布などにとどまっていたものが、処方薬の服用や注射、手術など医学を駆使した様々な方法で頭髪を取り戻すことが可能です。

オンリーワンの発毛促進の情報ならこちらにお任せ下さい。

とりわけ発毛治療としての第一歩として知られるのがプロペシアという錠剤の服用です。


フィナステリドというAGA治療のための特効薬を配合したこの薬を一日一錠飲み続けると次第にAGAの原因となる物質の発生を抑え、毛母細胞の活性化によって頭髪の成長サイクルが正常化されていきます。
さらにミノキシジルを配合した育毛剤の塗布によって頭皮の毛細血管を拡張させ、そこに流れる血流が増加すると栄養分の供給も増え、より太くて硬く、弾力性のある頭髪へと成長することが可能となります。


また、これだけでは物足りないという場合には、成長因子と栄養分を混ぜ合わせた液体を頭皮に注入する発毛治療も効果的です。

気軽にビジネスジャーナルに有効な知識の紹介です。

この施術は2週間から一ヶ月に一度の頻度で、5回から10回ほど注射を続けていくことが必要で、治療を始めると割とすぐに効果が実感できるものとして知られています。



このほかにも、自毛植毛や幹細胞を使った再生医療など様々な発毛治療の可能性が広がっていますが、まずは自分にぴったりのクリニックを受診した上で、そこのカウンセリングなどを使ってじっくりのその道筋について知ることが何よりも大切と言えるでしょう。